在来工法は、吹き付け後の雨に起因する法面流失、肥料、種子の流失により良質な植生基盤ができず、草枯れ雑草など多くの問題を抱えてきました。その点、RC工法は吹きつけ時に毛布状に絡み合い、法面と一体化し流亡を防止。抗菌性、病害虫抑制力に優れているなど植物の育成にも好条件が整っており、長期にわたるローコストな法面保持が可能です。また、植生力が強いうえに、外部からの侵入が困難な基盤であるため雑草も抑制。保肥性の高さは河川、湖沼、、池の汚染防止にも貢献します。

国土交通省兵庫国道工事事務所
R175災害復旧山南地区法面緑化
静岡県浜松市
市道滝沢75号線工事
静岡県浜松市
丸塚排水路改良工事
国土交通省高知大渡ダム工事事務所
大渡ダムRC緑化工事
国土交通省六甲砂防工事事務所
摩那地区災害復旧法面工事
静岡県浜松市引佐町
別所田力2号線法面緑化工事
まだ植生は、いずれも確認できていない。 RC緑化と厚層基材との差が顕著になってきた。

厚層基材

厚層基材

RC緑化

RC緑化

○施工場所/宮崎県宮崎市広原地区
○施工時期/平成13年9月17日(RC工法は7日後)
○条   件/t=3cm、種子その他条件は厚層基材と同じ