PPMSの全国普及を図るため、各都道府県の1社に対し技術移転対象シーズの実地
許諾を付与し、PPMSを採用した会員相互の新製品の開発並びに恒久的な製造・販売
・施工のネットワークを組織し、研究会として結束して会員相互の共存共栄を図ると共に
PPMS技術を生かしての社会貢献を目的とする。
Sorry, your browser doesn't support Java(tm).
Poly Propyren Mold System を採用した生産状況の例

PCF工法・PC−V型の生産状況

山梨県製造販売元:ヤマナシケンソー梶@協力工場・市川産業
PPMS研究会